Home

新診療所を移設し、リフレッシュした城下医院。

患者さんの気持ちにそった医療を目指します。


ニホンザルの親子が時々姿を見せます。

ごあいさつ

城下医院は患者さんの気持ちにそった地域医療を目指していきます。

昭和28年に父 知夫が開設した『内科 城下医院』は、平成26年6月6日、新たに『城下医院 内科・眼科・脳神経外科』として生まれ変わりました。

 

私は総合診療、さらに脳神経外科専門医、脳卒中専門医として脳卒中と脳外科、神経疾患の診療に、

妻 ひろ子は眼科診療医として、地域の皆様の健康に微力ながら貢献したいと思っています。

また、長男 哲夫は手術治療ができる若手眼科専門医として、日帰り白内障手術をはじめ、様々な眼科手術診療を行っています。

 

城下医院の目標は、できるだけ多くの患者さんの心持ちに寄り添える地域医療、その中でのより良い、新しい医療の提供です。

 

どうぞ城下医院をこれからも宜しくお願いいたします。

 

城下医院 院長 城下 博夫

お知らせ

2019年

2019年

2月

18日

3月休診日

内科・眼科の診療については、22日、23日は休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

2018年

2018年

11月

01日

多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(先進医療)

当院では、多焦点眼内レンズ、焦点深度拡張型レンズ(EDOF)も取り扱っております。

厚生労働省の先進医療認定を受けておりますので、生命保険の先進医療特約が適応されます。

費用は先進医療のため手術のみ自費となり、診察・検査・薬は健康保険の適応となります。

 

[国内承認多焦点眼内レンズ]

 片眼 : 432,000 円 + 薬代(保険適応)

 

[mini well(ミニウェル)]

 片眼 : 500,000 円(税別)(自費診療)

 

詳しくは当院スタッフまでお問い合わせください。

2018年

10月

17日

ムックに掲載されました

イギリス生活情報誌 月刊ミスター・パートナー

「今の大ヒットはこれだ!!2018年度版」に、手術担当の城下哲夫先生が載りました。

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2018/04/04.html

2017年

2016年

2015年

2015年

6月

06日

6月 おかげさまで新設1周年。

城下医院 内科・眼科・脳神経外科は、おかげさまで新診療所開設1周年を迎えることができました。これからも皆様の手助けができるよう尽力してまいります。

2014年

2014年

10月

18日

10月 眼科手術を開始しました。

2014年10月18日より眼科手術を開始しました。

年間手術件数2000件以上の埼玉県の栗原眼科病院で眼科専門医として多数の手術を経験している長男 哲夫が手術を担当します。

毎月1回、土曜日に手術日を設け、日帰り手術を実施しています。

2014年

6月

06日

6月 新診療所を移設しました。

昭和28年に開設した内科 城下医院は、城下医院 内科・眼科・脳神経外科として新しく生まれ変わりました。今後とも城下医院をよろしくお願いいたします。